一般社団法人 糀FOOD PROJECT 理念

【一般社団法人 糀FOOD PROJECT理念と活動目的】

一般社団法人 糀FOOD PROJECTは

日本の国菌である「糀(こうじ)」を食生活に積極的に取り入れることを目的に、情報発信、レシピ開発、商品開発、企業とのコラボレーションを行っています。

お砂糖を日本古来より伝わる「糀菌」に変えていくことで、腸内環境を整え、健康な体をつくることができます。

糀は大切な栄養素を多く含み、その自然な甘さは私たちの体に負担なく作用します。

さまざまな健康情報が氾濫する現代。

だからこそ、シンプルな考え方に立ち戻り、日本人が古来より親しみ、活かしてきた「糀」を見直すことも大切だと考えています。

毎日の食事は自分の身体を作る大切なもの。

食卓を囲む喜びは、心を癒し、豊かにし、健康を維持するだけでなく、五感を刺激する多種多様な体験とともに豊かな感性を育みます。

一般社団法人 糀FOOD PROJECTは、糀とともに豊かな食生活をご提案していきます。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

一般社団法人 糀FOOD PROJECT事務局
〒466-0831 名古屋市昭和区花見通一丁目96番地
【TEL】052-763-2717
【FAX】052-762-3312
【メール】 info★hbf1.org (★を@へ変えてください)
【ブログ】http://blog.hbf1.org/
 



 


糀FOOD PROJECT活動内容


一般社団法人 糀FOOD PROJECTでは、以下の活動を行っています。


無料会員募集 情報提供
レシピ提案
勉強会開催
イベント開催
商品開発
企業とのコラボレーション

糀を使ったスフレの販売
KOJI MORE
http://kojimore.com/


 


「なでしこもおやじも奇跡のダイエット」 桐山秀樹氏ご講演&おすすめ食体験会

 「なでしこもおやじも奇跡のダイエット」
 桐山秀樹氏ご講演&おすすめ食体験会



 「おやじダイエット部の奇跡」「糖質制限なでしこダイエット部の大逆転!」でダイエットの奇跡を披露した桐山秀樹さんが語る“成功の秘策”や“持続する方法”を学びましょう。

また、当日はダイエット中の食生活をサポートするメニューをご紹介しますので、ご試食もいただけます(おみやげ付き)。

来年こそは本当の「自分らしい自分」を祈念して、この機会を是非お見逃しなくご参加お待ちしています。


日 時  2013年12月14日(土)  15時〜17時 (受付:14:45〜)

会 場  ラ ポルト マルセイユ
 名古屋市中区錦3−17−5
  (サンシャイン栄 観覧車向かい)
http://www.marseille.jp/access/index.html

TEL:052−951−9211

参加費  3,000円



主催:一般社団法人ホリスティックビューティフード研究会
 「私らしく、心豊かで上質な食生活」をテーマに医食同源を発信します





11月勉強会のご案内

昨今注目の「糖質」。

食材に含まれる糖質量を学び 、日頃の糖質摂取量を チェックして、より健康的な食事習慣のポイントを見つけましょう。

糖質量とダイエットやアンチエイジングの関係は?

身体の中から創る 上質で健康的な美しさ を目指して、クオリティオブライフを考えていきます。

今回は、当協会理事長森安美月が自身の実践と変化を交えてお話いたします。


【テーマ】ダイエットと糖質

低糖質のランチとスイーツのお食事付きで楽しんで頂くご用意も御座います。

 皆様のご参加をお待ちしております。


■日時
2013年11月14日 木曜日
11時から13時30分 まで

■会場
ラ ポルト マルセイユ
名古屋市中区錦3丁目17-5
http://www.marseille.jp/access/index.html

 ■会費
3000円

■申込方法
↓こちからお申し込みください
http://blog.hbf1.org/?eid=11




 主催:一般社団法人 ホリスティック ビューティーフード研究会(HBF)





朝活課外活動【伊那食品工業見学ツアー】

 

5月16日に、名古屋女子朝活の課外活動として、待望の伊那食品工業さま見学ツアーに行ってまいりました。

一年で一番美しく気持ちがよい季節とうかがい、5月に設定したのですが、良いお天気に恵まれ、日帰り旅行のような楽しい会となりました。

行きのバスの中では、参加メンバーそれぞれが前に出て自己紹介。
バスガイドさん体験がとても新鮮です。




伊那食品工業さまの拠点である、かんてんぱぱガーデンは、社員の皆さんで園内を管理清掃していらっしゃいます。

ゴミ一つなく整備された素晴らしい環境が本当に心地よく、日頃のストレスも吹き飛ぶようです。





今回は、特別にHBFの活動に沿った内容のお話しをしていただきました。

長野県民としての誇り、会社の理念、寒天という商品の可能性。

今回お世話になった今井さまの想いが伝わってくるお話しです。




研究員の方からは、寒天製品についてお話しをいただきました。

寒天の歴史がとても古いことに驚きです。

研究開発を熱心にされているので、新しい活用法がどんどん生み出されています。

予想を超えて、寒天がとても多くの分野で活用されており、また大きな可能性を持つこともわかりました。




かんてんぱぱミュージアムでは、野村陽子さんの細密画に心奪われてしまいました。



待望のランチは、HBFのために特別メニューで対応していただきました。

寒天を使用しているということだけでなく、野菜を意識的に多く使ってくださり、また味のバリエーションも豊富で、繊細は心配りが感じられるお食事でした。



寒天づくしの前菜



いくらとサーモンの親子丼

デザートにはプルプルのマンゴー寒天とコーヒーをいただきました。



スケジュールの最後は待望のお買いものです。

お互いに情報交換しながら買い物カゴいっぱい買ったあと、自宅配送にする方もちらほら。

寒天の効用を勉強したあとなので、ダイエットや健康目的、また介護のためにもさまざまな目的で購入することができました。




滞在時間が短かったため、名残惜しく帰ることになりました。

帰りのバスで皆さまから感想をうかがいましたが、企業理念、施設の素晴らしさと心配りのおもてなし、美味しい食事に感激されていました。

全員かんてんぱぱガーデンのファンになってしまったのは間違いありません。

今回見られなかった場所などは、それぞれの方が何度も訪ねてゆっくりと散策してもらいたいですね。

日本の伝統食である寒天製品ですが、新しい技術で進化した商品の数々には驚きました。

これを機会に、積極的に生活に取り入れていきたいと感じた旅でした。


参加者の皆さまの感想は、次の記事でご紹介いたします。







カレンダー

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

最近のエントリー

カテゴリ

アーカイブ

コメント

  • 第6回 名古屋女子朝活レポート
    ゆうき

プロフィール

ブログ記事検索

その他

モバイル

qrcode