朝活課外活動【伊那食品工業見学ツアー】

 

5月16日に、名古屋女子朝活の課外活動として、待望の伊那食品工業さま見学ツアーに行ってまいりました。

一年で一番美しく気持ちがよい季節とうかがい、5月に設定したのですが、良いお天気に恵まれ、日帰り旅行のような楽しい会となりました。

行きのバスの中では、参加メンバーそれぞれが前に出て自己紹介。
バスガイドさん体験がとても新鮮です。




伊那食品工業さまの拠点である、かんてんぱぱガーデンは、社員の皆さんで園内を管理清掃していらっしゃいます。

ゴミ一つなく整備された素晴らしい環境が本当に心地よく、日頃のストレスも吹き飛ぶようです。





今回は、特別にHBFの活動に沿った内容のお話しをしていただきました。

長野県民としての誇り、会社の理念、寒天という商品の可能性。

今回お世話になった今井さまの想いが伝わってくるお話しです。




研究員の方からは、寒天製品についてお話しをいただきました。

寒天の歴史がとても古いことに驚きです。

研究開発を熱心にされているので、新しい活用法がどんどん生み出されています。

予想を超えて、寒天がとても多くの分野で活用されており、また大きな可能性を持つこともわかりました。




かんてんぱぱミュージアムでは、野村陽子さんの細密画に心奪われてしまいました。



待望のランチは、HBFのために特別メニューで対応していただきました。

寒天を使用しているということだけでなく、野菜を意識的に多く使ってくださり、また味のバリエーションも豊富で、繊細は心配りが感じられるお食事でした。



寒天づくしの前菜



いくらとサーモンの親子丼

デザートにはプルプルのマンゴー寒天とコーヒーをいただきました。



スケジュールの最後は待望のお買いものです。

お互いに情報交換しながら買い物カゴいっぱい買ったあと、自宅配送にする方もちらほら。

寒天の効用を勉強したあとなので、ダイエットや健康目的、また介護のためにもさまざまな目的で購入することができました。




滞在時間が短かったため、名残惜しく帰ることになりました。

帰りのバスで皆さまから感想をうかがいましたが、企業理念、施設の素晴らしさと心配りのおもてなし、美味しい食事に感激されていました。

全員かんてんぱぱガーデンのファンになってしまったのは間違いありません。

今回見られなかった場所などは、それぞれの方が何度も訪ねてゆっくりと散策してもらいたいですね。

日本の伝統食である寒天製品ですが、新しい技術で進化した商品の数々には驚きました。

これを機会に、積極的に生活に取り入れていきたいと感じた旅でした。


参加者の皆さまの感想は、次の記事でご紹介いたします。






1

カレンダー

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

最近のエントリー

カテゴリ

アーカイブ

コメント

  • 第6回 名古屋女子朝活レポート
    ゆうき

プロフィール

ブログ記事検索

その他

モバイル

qrcode